嘉女校章 嘉穂東校章 嘉穂高等女学校・嘉穂東高等学校同窓会

2017年同窓会総会ポスター表示

平成29年度 創立記念式典・

 講演会表示

第24回かち歩き大会

表示

平成28年度 創立記念式典・

 講演会表示

第23回かち歩き大会

表示

平成28年熊本地震被害へのお見舞い表示

2016年同窓会総会ポスター

表示

平成28年度 入学式表示

嘉女・嘉穂東 in くまもと

 および各支部総会日程

表示

第68回嘉穂東高等学校

 卒業証書授与式表示

音楽家・筒井政明さん

 演奏会開催表示

第22回かち歩き大会が開催表示

平成26年度 第2回 理事会表示

平成26年 マラソン大会・

 ぜんざい会表示

平成26年度 第1回 理事会表示

ようこそ先輩・特別編 芳野友美さん来校!表示

平成26年 体育祭表示

第3回 理事会表示

同窓生・芳野友美さんの

 紹介表示

2014年同窓会総会ポスター表示

嘉穂高等女学校・嘉穂東高等学校同窓会のホームページを立ち上げました。表示

嘉穂高校との第102回硬式野球定期戦表示

第2学年「ようこそ先輩」表示

平成26年度 創立記念式典

 及び講演会表示

アーカイブ

平成29年度 文化祭

2017年 同窓会総会ポスター

平成29年度 創立記念式典・講演会

2017年10月21日(土)

 

2017年同窓会総会・懇親会が「のがみプレジデントホテル」にて開催されます。

会員様の多数のご出席をお待ちしております。

本年の当番は高校46回生(平成6年卒)です。

 

◀️同窓会総会ポスター

 画像をクリックするとPDFが開きます(960kb)

 

当番生の交流サイト

http://kahojyo-kahohigashi-doso2017.com/introduction/

2017年6月9日(金)・10日(土)

 平成29年度の文化祭が開催されました。

詳細は母校HP

 http://kahohigashi.fku.ed.jp/event_cal/pub/detail.aspx?c_id=198&id=218

2017年5月9日(火)

 平成29年度 創立記念式典及び講演会が

 開催されました。

 

この創立記念式典は、年に1度、母校の長い歴史を振り返るひとつのきっかけとするために、毎年5月に開催されています。

1910年創立の母校は、今年で107周年を迎えます。

 

◆創立記念式典

前田校長の式辞では、創設者、伊藤傳右衛門氏が本校に寄せた熱情と業績を紹介され、学校について残した言葉で「伊藤が寄付した学校がつまらぬものであると言われたくない」という言葉を紹介されました。こうした創設者の思いに今後も応えられるような学校にしていきたいという思いを述べられました。

 藤江同窓会会長からは「本校の歴史と文化を学び、意識を高め、過去を知って未来に繋げてほしい」と励ましと期待のお言葉がありました。

次に校歌斉唱では、まず全校女子生徒による嘉穂高等女学校の校歌、そして全校生徒による嘉穂東高校の校歌が斉唱されました。

◆創立記念講演会

講師:福岡大学 工学部 名誉教授

   築地 武彦(つきじたけひこ)氏:高校9回生

演題:「嘉穂東高校に育って」

 

主な講演内容です。

 

■嘉穂東高校 物理部

昭和31年、2年生の時にTVの放映が始まった。当時、一般家庭にはまだ普及していなかったが3年生の時、顧問の先生にTVの組み立てキットを買ってもらい、部員みんなで夏休みを返上して組み立てた。

その秋、西鉄ライオンズと巨人の決勝戦をそのTVで観戦した。

アマチュア無線の資格をとって色々な人と交信した。

より遠い地域の人と交信するには、強い電波を出すいいアンテナが必要。

アンテナは銅線で出来ているのでそんない高くはないだろう、どうしたらいいアンテナをつくれるか考えていた。

時々、東南アジアやアメリカの人とも交信できるチャンスがあり、英会話にも興味をもった。

卒業式は体調を壊して出席できなかった。飯塚病院に入院し、3年遅れて大学に行った。

 

■福岡大学 工学部電子工学科 入学

■熊本大学大学院 工学研究科 入学

 

職歴

■S49年 福岡大学工学部電子工学科 助教授

■九州大学工学博士

■S53年 アメリカ・オハイオ州立大学のアンテナ研究所に1年間留学。高校時代に描いた夢が実現できた。

■S56年 福岡大学工学部電子工学科 教授。41年間、アンテナの研究(電気磁気学)に没頭した。

講義の他に、論文を書くことも仕事。国際学会で英語の論文も書いた。国際学会は40~50か国ほど行き観光もした。

■平成21年 福岡大学退官 現在は名誉教授

 

■アンテナについて

ベクトル・微分方程式・積分方程式・マクセルの方程式を使ってアンテナを設計する。

その後、コンピュータが出てソフトウエアでプログラムを描くようになり、以前の手作業より早く出来るようになった。

自分が作ったアンテナを紹介する本も書いた。

携帯電話が出始めた頃はその会社にアンテナを売って少しお礼をもらった。

現在、電波時計というものがあるが、福島と佐賀に基地があり、何時何分と放送を繰り返している。コンピュータを使って同じ時間を何度も放送する、そのうち弱い電波でも正確になっていく。時代とともにアンテナの研究をしてきたがアンテナは無くていい時代になってきたのがさびしい。

 

■メッセージ

単位を落とす学生が多い、目的を持って大学に進むことが大切。

「親が行けと言ったから」と自覚がない。

そういう学生には、「1~2年、大学を離れて、思い切って海外に行ってはどうか」とすすめる。

海外に出て日本人としてどうしたらいいかを考えてみる。お金がなかったら、休学して一旦仕事をしてみる。1回社会に出て色々と経験をすると大学に戻った時、講義要目も眺めてみると、この分野の勉強をしてみようかと興味をもつことができる。

人生は短い、若い時は二度とこないから大事にしてほしい。

ユニバーシティとは、総合学科があり自分の学科の必須科目以外に他に学科の講義を聞いてみることができる。興味があればその学科を申請して試験を受ければ単位ももらえる。

「どこの大学を卒業したか」より、「どんな学科、どんな内容を勉強したか」自信をもって社会に出て言えるような有意義な大学生活を送ってください。そうすれば、その先の人生も実りのあるものになります。

以上

 

講演終了後は、生徒会長による生徒代表謝辞、花束贈呈、嘉穂東高校応援団から築地先輩にエールを送りました。

築地先輩、お忙しい中、嘉穂東高校の後輩のために貴重なお話をありがとうございました。

第24回かち歩き大会

2016年4月29日(昭和の日)

 第24回かち歩き大会が開催されました。

 

飯塚コスコモコモンをスタート・ゴール地点として、桂川町の王塚古墳や長崎街道・内野宿、飯塚市歴史資料館などを散策しながらマイペースで歩く大会です。今年で24年目になります。

 

母校のボランティア部の生徒たちは、今年も受付を中心に貴重なスタッフとして多数活躍しました。

 

当日は晴天に恵まれ、42.195km・28km・14km・5.5kmの4コースにたくさんの参加者がウォーキングを楽しみました。

ゴールのあとは会場内のB級グルメ・ラーメン屋台のブースで皆さん空腹を満たしながら疲れを癒していました。スタッフの皆さんお疲れ様でした。

 

(C)  Fukuoka Prefectural Kaho Girl's High School and Kaho Higashi High School  Reunion