嘉女校章 嘉穂東校章 嘉穂高等女学校・嘉穂東高等学校同窓会

創立100周年記念式典

平成22年10月30日(土)、本校体育館において、創立100周年記念式典が開催されました。

開式に先立ち、先輩方および本校に関わっていただいた先人の方々など、物故者に対して黙祷を捧げました。

定刻の10時になると、まず緞帳が上がりました。そして山倉求総括教頭による「開式の辞」で式典が始まりました。

花村德美 嘉穂東高等学校長

「校長式辞」では、花村德美校長が、伊藤傳右衛門氏による嘉穂郡立技芸女学校から、嘉穂高等女学校を経て、現在の嘉穂東高校までの歴史を述べられ、「女学校時代から開かれた学校として明るく活発であることが、共学となった現在までよい伝統として引き継がれている」と話されました。

麻生渡 福岡県知事

麻生渡福岡県知事にもご出席いただきました。麻生知事は、「県立高校は96校あるが、100周年を祝うことができる学校は少ない」といわれ、続いて「知識がないと社会に対応できない」と具体例を挙げながら学習の重要性を強調されるとともに、「高校で生涯の友達をつくってほしい」とも言われ、厳しくもあたたかい励ましのお言葉をいただきました。

式次第

1

2

3

4

5

6

7

 

8

9

10

11

12

13

14

開式の辞

国歌斉唱

校長式辞

福岡県知事祝辞

福岡県教育委員会祝辞

福岡県議会代表祝辞

創立百周年記念事業

実行委員長挨拶

父母教師会長挨拶

来賓祝辞

来賓紹介

祝電披露

生徒代表謝辞

校歌斉唱

閉式の辞

式典開始前の体育館

吉村敏男 県議会議員

杉光誠 県教育委員会教育長

日高武邦 同窓会長

太田淳一 高校校長会長代理

福山幸正 父母教師会長

その他、多くの皆様にお祝いの言葉をいただきました。

ありがとうございました。

来賓あいさつ後、生徒を代表して前生徒会長の橋本紘太郎(3年7組)が謝辞を述べました。

 

 

 

 

 

最後は「校歌斉唱」。まずは、女子生徒だけで嘉穂高等女学校校歌を歌いました。

 

女子生徒は、この式典のために3週間前から放課後に練習をしてきました(詳しくは「校内日記」10月22日の記事をご覧ください)が、実に約60年ぶりに女学校の校歌が、素晴らしい歌声で母校に流れました。

 

続いて、男子生徒も加わり嘉穂東高校校歌を歌いました。

 

嘉穂高等女学校校歌では清らかな声が、そして嘉穂東高校校歌では力強い声が体育館に響き渡りました。会場にいる出席者の中には涙を流す方もいらっしゃいました。

生徒謝辞を読み上げる橋本君

校歌斉唱の余韻と感動が残る中で、山倉総括教頭により「閉式の辞」が宣言され、

創立100周年記念式典は無事に終了しました。

(C)  Fukuoka Prefectural Kaho Girl's High School and Kaho Higashi High School  Reunion